活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
株式会社ビジネストータルマネージメント

若手エンジニアが語る成長ベンチャーの働き心地

少しずつ経験を積み重ねることで「ゲーム開発」という夢を実現させる

株式会社ビジネストータルマネージメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※下記はTech通信Vol04(2015年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

プロジェクトを束ねるNo.2として抜擢

―播口さんの仕事内容を教えてください。

播口 現在は、写真を共有するスマホアプリの受託開発を手がけています。業務としては、サーバの開発を担当。開発言語はPHP、フレームワークは Laravelを使っています。約5ヵ月の開発期間を経て、もうすぐリリースする予定です。

 また、開発メンバーは全員で9名ですが、トップにチームリーダーがいて、私が実質No.2の役割を果たしています。メインでプログラミングを行いつつ、全体のタスク管理なども担当しています。

澤野 当社がいままで手がけてきた受託開発のなかでは、いちばん規模が大きい案件。アサインしたエンジニアもいちばん多いですね。播口は経験が浅いですが、これまでのがんばりをみて「やれる」と判断。No.2に抜擢したのです。

―仕事の醍醐味はなんでしょう。

播口 チーム内のコミュニケーションを図ることです。たとえば、サーバ側とアプリ側の開発はまったくの別物。さらに、アプリのなかでもiOSとAndroidの動作環境は異なりますが、サーバはひとつしかありません。それらの開発を同時に進めるために、アプリ開発担当者と綿密に調整しながら業務を進めていきました。スキルも経験も私より上の方ばかりのなか、意識的に声をかけてミーティングを行ったり。そうしたチームの調整役を担うのがやりがいですね。

澤野 個々の開発スキルはもちろん重要ですが、よいプロダクトを生み出すためには「チームが一体になってがんばる」ことが大切。今回は播口のおかげで、チームがいい雰囲気でやれていると思います。

職種や役職に関係なくフラットな環境がある

―エンジニアとして、どんなところに働きやすさを感じますか。

播口 まわりに豊富な知識や経験をもったエンジニアが多いことですね。調べてもわからないことを質問すれば、すぐにレスポンスをしてもらえるので、自身の成長につながっています。

 また、今回の案件のように経験が浅くてもどんどん仕事を任せてもらえることです。私はまったくの未経験で入社しましたが、3ヵ月後にはすでに開発案件に携わっていましたから。

澤野 当社は採用する際、スキルや経験より意欲や目標を重視しますから。だから可能性を感じれば、どんどん任せる環境があるのです。とはいえ、いまは会社の規模も大きくなり、よりスキルが求められる案件が増えたため、さすがに未経験者は採用しなくなっています。ただ、業務経験はなくても「独自でプログラミングを勉強している」といった意欲は評価します。

―ほかにBTMならではの特徴はありますか。

澤野 メンバー同士の関係が非常にフラットですね。インフラやWebといった業務に関係なく、もっといえば営業や役員の間にも壁はなく、いい関係が築けていますね。社内には卓球台もあるので、コミュニケーションは取りやすいと思います(笑)。

播口 ただ、他社に常駐しているエンジニアの方とは月に1回の帰社日でしか交流できていないというのが現状。それって、やはり寂しいじゃないですか。そのため最近は「サークル推奨委員会」が社内で立ち上がっています。サークル活動によって、交流を深めていこうという雰囲気が生まれていて、実際に卓球部や山岳部、ホルモン部などのサークルが誕生しています。

夢をつかみとるためのサポートは惜しまない

―今後の目標を教えてください。

播口 エンジニアはすごく奥が深い仕事。そのため、まわりの人たちと比べても、いま私がもっている知識はまだまだ少ないと思っています。なので、「もっと上を目指さないと」と思っています。

 今回の案件はスケジュールが押してしまったのですが、それも自分の知識不足が原因だと痛感しています。そのためこの経験を次に活かし、開発だけでなくリーダーとしても成長していきたいです。

 また、未経験でエンジニアを目指したのは、子どもの頃に持っていた「ゲームをつくりたい」という夢を実現させるため。なので、ゆくゆくはゲームの開発に携わりたいですね。

澤野 当社は「やりたいことができる」のではなく、「やりたいことを応援する」会社です。そのため、播口にもいきなりゲームの開発を任せるのではなく、ゲームの開発ができるスキルを計画的に身につけていってほしいと考えています。ぜひ自分の力で夢をつかみとってほしいですね。そのためのサポートは惜しみません。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop