活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
FlyData Inc.  Founder 藤川 幸一

起業家支援の仕組みを活用し「ものすごい成長」に挑む

ビッグデータ分析の夜明けを感じ、低コストのサービスを開発

FlyData Inc.  Founder 藤川 幸一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FlyDataは代表の藤川氏が有名なアクセラレータ「500 Startups」のプログラム修了後に設立したスタートアップ。クラウドデータ処理技術をコアにビッグデータ時代をリードしようと意気込む。同氏にシリコンバレー流の起業マインドについて聞いた。

※下記はTech通信Vol03(2015年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

メンバーが立ち去り、たったひとりで再起した

―事業内容を教えてください。

「Amazon Redshift」へデータをアップロードする「FlyData」と、AmazonRedshiftの導入支援サービスを提供しています。4年前に起業した当時はクラウドビッグデータに対応できていたのは既存の高額なDWHだけ。そのなかで「HadoopがDWHを破壊するテクノロジーだろう」と、それを軸に起業したのです。ただバズワードだったから競合も多かったですね。

 しかも現地の日本人コンサルタントがメンバーに入っていたのですが、その経営アドバイスをめぐって共同創業者と意見が対立。プロダクトはマーケットにフィットしないまま、コンサルタントと共同創業者は相次いで会社を去りました。

―ひとり残されて、そこからどうやって再起したのですか。

 モノをつくれるエンジニアだったからでしょう。ユーザーインタビューをしていく過程で、フォーカスがズレていたのを発見。方向性をピボットしてひとりで「FlyData」のプロトタイプをつくったのです。

 また、個人投資家たち、とくに「500 Startups」創業者のDave McClure 氏も力になって助けてくれました。2012年に合計160万ドルの出資を得て経営基盤を立て直すことができました。ひとりだったけど、ひとりじゃなかったんです。

―藤川さんが起業したのも「500 Startups」がきっかけだったそうですね。

 ええ。「500 Startups」のプログラムに参加して、「グローバルなサービスを目指すならシリコンバレーのスタートアップが最善の仕組みだ」と思ったのです。スタートアップの本質は「ものすごい成長」。通常のビジネスでは困難で、既存の大きな市場を新しいやり方で壊し、その市場を奪い取ることで実現するんです。

 私も2012年11月のAmazon Redshiftの「実質年額1,000ドル」という発表を聞き、ビッグデータ分析の夜明けを予感。身体に激震が走った感じでしたね。「高額のDWHを使える大企業しか、それができない」という問題の解決にフォーカスしたのです。

―それが奏功し、いま、成長フェーズを迎えました。

 はい。でも、今後「ものすごい成長」を遂げるためには、最後の成長フェーズで大きく資金調達することが必要。まだ見ぬ競合を突き放して、一気呵成に走り抜けるしかありません。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

藤川 幸一(ふじかわ こういち)プロフィール

エンジニアとしてキャリアをスタートし、ヤフー株式会社やアジャイルコンサル会社、金融系SIerを経て、株式会社シリウステクノロジーズに入社。考案したフレームワークが「2009年度IPA未踏プロジェクト」に採択されたことが評価され、スタートアップアクセラレータ「500 Startups」から招待される。2011年にシリコンバレーで起業。2014年1月にFlyData Inc.に社名変更した。

企業情報

設立 2011年3月
従業員数 7名
事業内容 Amazon Redshiftへのデータアップロードサービス、Amazon Redshiftの導入支援サービスの提供
URL http://www.flydata.com/ja/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop