活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
ChatWork株式会社 CEO 山本 敏行

目指すは“マネジメントのバイリンガル”

日本発ビジネスチャットサービスで世界の働き方を変える

ChatWork株式会社 CEO 山本 敏行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本で創業し、今年で15年目を迎えるChatWork。日本発のビジネスチャットツールとして世界展開を進めるべく、2012年にシリコンバレー拠点開設を決断。CEOの山本氏もシリコンバレーに移住した。さらに2015年4月、同社はベンチャーキャピタル(VC)より3億円の資金調達に踏み切った。これまで無借金で14年連続黒字経営を続けてきたが、成長を加速させるため新たなステージへと進んだのだ。山本氏にシリコンバレーでの戦い方、今後のビジョンなどについて聞いた。

※下記はベンチャー通信Vol.62(2016年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

日本での経営をすべて忘れイチから創業する覚悟

―まずは事業内容を教えてください。

「ChatWork」というビジネスチャットツールを提供しています。わかりやすくいうと、LINEのビジネス版ですね。仕事のメールをチャットに置き換えることで、業務の生産性を上げられるサービスです。「ChatWorkで世界の働き方を変える」というのがわれわれの目標で、いま世界183ヵ国、8万社に導入されています。

―2012年にシリコンバレーに進出して、経営はスムーズにいきましたか。

 正直、苦労しました。資金調達もなにもせずに来て、お金も人もコネもありませんでしたから。ビジネス英語も満足にできなかったので、大学に通ったりもしました。それこそ苦労話のネタは、10時間あっても話しつくせないくらい(笑)。でも、そういった経験を通じて、日米の違いを肌で感じることができました。

―日本とアメリカの違いはなんでしょう。

 日本は特別な国だと思います。島国で、同じ言語で、同じ価値観で、独自のスタイルを徹底的に磨いてきました。日本人はすごくがんばるし、上下関係を大事にするし、モラルも高い。それはよさですが、海外に行くとあわない部分もあるんじゃないかと。日本とアメリカ、見た目は同じ規模と業種の会社でも、経営するとなると車の右ハンドルを左ハンドルに変えるように、運転をガラッと変えないといけません。そうしないと事故を起こしてしまいます。

 僕は「言葉のバイリンガル」じゃなくて、「マネジメントのバイリンガル」を目指したいと思っています。日本での経営は、前世だったと思うことにしました(笑)。日本での経営スタイルは忘れて、イチから創業しているくらいの気持ちでやっています。

シリコンバレーの魅力は情報とパートナーシップ

―シリコンバレーのよさはなんですか。

 まず情報ですね。やはり重要な情報はリアルなネットワークのなかで得られます。たとえば、シリコンバレーのネットサービスの運用の経験談やノウハウなどを聞くと、とても役立つし、時間の短縮になる。

 次にパートナーシップ。シリコンバレーにはゴールドラッシュのときのように金を掘り当てたい人だけでなく、ツルハシやジーンズを提供する人もたくさんいる。あまり表に出てこないけど、この層の厚さがすごく助かります。アメリカに来たら、競合企業が腐るほどいて、ものすごい速さで他社サービスを組み合わせて、商品を改善していく。そこに自前で対抗していてもスピードで勝てるはずがない。考え方を変えないといけないと痛感しました。

どんな優秀な起業家でもまともに戦っては勝てない

―シリコンバレーで学んだ「日本人の戦い方」を教えてください。

 まともに戦わないことです。まともにやって勝てるはずがない。ビジネス慣習を知らない、マーケットも知らない。これじゃあどんな優秀な起業家でも勝てません。

 まずは日本を味方につけるべきです。日本はGDPで世界3位の国です。資金力もある、投資も盛んな国なので、しっかり日本で資金を獲得すること。そして人件費も日本はシリコンバレーに比べればはるかに安いです。さらに日本人は責任感、モノづくりの力、チームワークがとても強い。この強みを活かして戦わない手はない。一方で、日本で足りないものは現地で調達すべきです。

―それはなんですか。

 現地情報に基づいた事業企画、マーケティング、パートナーシップです。これらは米国で行うべきでしょう。パートナーについては、とくにデザイン面で必要。UI、UXはアメリカ流に従うべきです。

 シリコンバレーでの戦い方がようやく見えてきたので、あとは資金しだい。そのため、2015年にVCから3億円の資金調達をしました。今後は、世界の働き方を変えるという目標に向けて進んでいくのみです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

山本 敏行(やまもと としゆき)プロフィール

1979年、大阪府生まれ。中央大学商学部在学中に、EC studioを創業し、2004年に法人化。2011年、クラウド型のビジネスチャットツール「ChatWork」の提供・販売を開始。2012年、ChatWork株式会社に社名変更。米国法人をシリコンバレーに設立。

企業情報

設立 2004年11月(創業2000年7月15日)
事業内容 クラウド型ビジネスチャットツールの提供
URL http://www.chatwork.com/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop