活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
ITの世界を離れていた2人を会社と製品の魅力が引き戻した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※下記はTech通信Vol.07(2018年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

『SpiderPlus』をより建設現場で使いやすくするため、最先端テクノロジーを取り入れながらバージョンアップに取り組んでいるレゴリスのエンジニアたち。今回は、そのうち阿部氏と平野氏との対談を企画。2人には「いちどITの世界を離れた」という共通点があった。両者を引き戻した「建設Techの魅力」とは─。

大きな夢を語るトップにひかれた

―現在、携わっている業務内容を教えてください。

Abe 『SpiderPlus』のPC側を担当しています。ユーザーがiPad側で撮った写真をPC側でデータベースに保存。それを表示・出力する部分をつくっています。

Hirano 僕は逆で、 iPad 側のアプリケーション開発担当です。Bluetoothを活用する測定器から計測データを取得し、アプリのシステムに取り込むところをつくっています。

―レゴリスに入社した決め手はなんでしょう。

Hirano 代表の伊藤に出会い、「建築業界のイノベーターになる」と大きな夢を語っていたのにひかれ、「この人の夢に乗っかってみようかな」と。じつは、以前はITエンジニアとして働いていたんですが、「どうも向いていないな」と思って、飲食業界へ転身したんです。それで、僕が店長を務めていた店に、お客として来たのが伊藤だったんです。彼の語ることは突拍子もないことが多いけれど、魅力的だと思い、ITの世界へカムバックしたんです。

Abe 私もじつは ❝IT出戻り❞なんです(笑)。5~6年ほど食品の原材料にかかわるシステムのプログラマーをしていましたが、担当分野がきっちり決まっていて、同じことの繰り返し。「向いてないんじゃないかな」と思って。会社を辞め、再就職活動をしながら半年間フラフラしていました。平野さんと同じく、飲食店のアルバイトもしましたね。それで、知人のつてでレゴリスを知り、面接を受けたんです。「建築業界向けのソフトは世の中にあまり出回っていない」と聞き、おもしろそうだなと。新しいプロダクトを開発する仕事で、少人数の会社なので、「きっといろんなことに挑戦できるんだろう」と思い、入社を決めました。

「開発をやっている」実感がある

―入社後、自分自身がエンジニアとして「成長した」と実感できたエピソードを聞かせてください。

Hirano Objective-CとSwiftが書けるようになってきたことと、BluetoothやWi-Fi関連の技術も身についたことです。以前、IT会社にいたときは、Androidばかり使っていたので、だいぶ成長したなと。それと、街を歩いていて建築現場があると気になって(笑)。世界が広がった気がします。

Abe JavaScriptとPHPを中心に使って、プログラムを組めるようになったことです。以前、ITの仕事に携わっていたときは、専用の改修ソフトがあったので、自分でプログラムを組むことはなかったんです。いまは日々、新しい関数に出会って「こんなことできるんだ」と新鮮な驚きがあります。「開発をやっているなあ」という実感がありますね(笑)。

―お互いをエンジニアとしてどのように評価していますか。

Abe 平野さんはコミュニケーション能力が高いエンジニア。目の前の作業だけに集中するタイプが多いなか、平野さんは視野が広くて、それぞれの社員の状況を把握し、判断できるタイプです。CTOの増田の仕事も補佐していますし。

Hirano 照れますね(笑)。阿部さんは、システムのテストでバグを探すポイントが的確ですね。システムをつくった人間では見つけにくいところを指摘してくれるので、いいセンスしています。

―今後のキャリア目標を教えてください。

Hirano マネジメントに興味があります。アプリチームの様子をしっかり把握できるようになり、それにくわえてPCやサーバ開発も見ることができるようになって、CTOの増田をもっと補佐できるようになりたいです。

Abe 当面の目標は技術力をアップすることです。JavaScriptを使うとき、ゴチャゴチャしたソースを書いてしまうので、もうちょっとオブジェクト志向で改修しやすいソースを書けるようになりたいです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

Kenji Ito(いとう けんじ)プロフィール

1973年、北海道生まれ。北海道紋別南高等学校を卒業後、建設資材商社に入社。営業に携わる。断熱工事会社を経て、1997年に工事業を創業。2000年に法人化、有限会社ケイ・ファクトリーを設立。2010年にIT事業を展開する株式会社ヴェイシスを設立、2012年に株式会社ケイ・ファクトリーと株式会社ヴェイシスを統合、株式会社レゴリスに商号変更。

Hiroo Masuda(ますだ ひろお)プロフィール

1974年、北海道生まれ。千葉大学文学部を卒業後、十一房印刷株式会社に入社、印刷業務に携わる。株式会社E&Dを経て、2010年に株式会社レゴリスに入社。

Yudai Hirano(ひらの ゆうだい)プロフィール

1986年、大阪府生まれ。関西大学文学部卒業後、2009年にシャープビジネスコンピュータソフトウェア株式会社(現:株式会社NTTデータSBC)に入社。その後、飲食店店長などを経て、2017年に株式会社レゴリスに入社。

Yuka Abe(あべ ゆか)プロフィール

1990年、宮城県生まれ。東北職業能力開発大学校を修了後の2012年、データベースシステム開発会社に入社。その後、飲食店アルバイトなどを経て、2017年に株式会社レゴリスに入社。

企業情報

設立 2000年2月
資本金 3億400万円(資本準備金含む)
売上高 5億7,000万円(2018年12月期)
従業員数 45名
事業内容 PMP(Project Management Platform )事業、エンジニアリング(断熱・保湿工事)事業
URL http://www.regolith-inc.jp/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop