活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
メンバーインタビュー トップの理念に共感しIT業界の実力者が続々参画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

システム開発プロジェクトが予定通り進まず“炎上”したとき、Noda氏に鎮火してもらったことがある。あるいは、ソニーとコラボするプロジェクトに携わったとき、Ichikawa氏の技量に感嘆したことがある。そんな読者がいるかもしれない。いま、そんな “レジェンド級”のエンジニアがFAIR NEXT INNOVATIONに続々と集結している。ハイキャリアのエンジニアが次なるチャレンジの場として同社を選ぶのはなぜか、Noda氏とIchikawa氏に聞いた。

あえてエラーを出させる教育

―Nodaさんは原因不明のエラーが起きた“炎上”プロジェクトを鎮火させる凄腕エンジニアだったと聞いています。いま、FAIR NEXT INNOVATION(以下、FNI)の若手エンジニアの社内教育に携わっているそうですが、エラーのないシステムをつくれるエンジニアは、どうやって育てるのでしょう。

 あえてエラーをいっぱい出させることです。ダメなエンジニアの典型例は「どこかにエラーがあるんだけど、とりあえず稼働している」と、放置してしまうこと。そういうシステムに限って、ユーザーさんがちょっと予想外の使い方をしてプログラムが落ちてしまったり、ちょっとした機能の拡張をしたら、ピタッと動かなくなってしまったり。エラーをいっぱい出して、そのエラーをきちんと検証していくことで、「エラーのないシステム」をつくるチカラが身についていくんです。

―ユニークな教育方法ですね。

 そうかもしれません。対象者の能力を見きわめながら、実際にシステム開発のなかの一部分を担当してもらう。まずやってみてもらい、おかしな点があればヒントを与えながら自力で修正してもらう。ただし、万が一にもお客さまに迷惑をおかけしないように、私自身がフォローすることでリカバーできるプロジェクトを選んでいます。

世間でよく知られたプロダクトをつくった

―若手を指導できるほどハイスキルのエンジニアになるまでの、Nodaさんのキャリアヒストリーを聞かせてください。

 情報処理系の専門学校を卒業した後、大企業のIT系子会社に就職しました。そこが3ヵ月~半年ごとに現場が変わり、使う言語も全部違うという環境だったことが大きかったですね。気がついたら「わからない言語はない」という(笑)。仕事の内容も多岐にわたっていて、エラーが出て“炎上”したシステムの鎮火の仕事のほか、医療系のソフト、新聞社など向けの文書制作支援ソフト、高速道路の電光掲示板システム、ガラケーのiモードなど、ソフト・ハード問わず、世間でけっこう知られている製品を開発していました。

―充実した環境ですね。なぜFNIに転職したのですか。

 社長のYokoyamaの考えに賛同する部分が大きかったことと、自社開発をどうしてもやってみたかったこと。その2点です。前職では若手の教育も担当していて、同僚のフォローもしていました。だけど「若手を教育するのが当たり前」「フォローするのが当たり前」みたいに思われていて、特別な評価をされることもない。その点は不満でした。

 FNIでは、やったことをきちんと評価してくれるうえに、やりたいことを提案できます。そこがいちばんの魅力でした。

―なぜ自社開発をやってみたいのでしょう。

 自社開発することによって、若手を育てることもできるからです。自社開発ならば設計段階から携われる。システムの一部ではなく全体を構築していくので、若手にいろんな経験をさせてあげられます。これほどいい教育環境はありません。

 私の育てた若手がリーダー格になり、新人を教育する立場になり…、という循環ができたらいいなと。それをやらせてくれるFNIに出会えてよかったと思っています。

ソニーでは好きなことができた

―Ichikawaさんのキャリアヒストリーを教えてください。

 大学卒業後、新卒入社したのはテキサス・インスツルメンツという外資系の半導体メーカーでした。3年ほど勤めたころ、ソニーの人事部から声がかかって。転職しました。ソニーでは、カーナビ、プレステ、デジカメなどの開発のほか、2005年の愛知万博用に、クジラを実物大で投影できるレーザープロジェクターの開発などに参加。いろいろ好きなことをさせてもらいましたね。10年間勤めた後、退職。その後はIT系のスタートアップやベンチャーなど、さまざまな会社でキャリアを積みました。

―ひとつの会社に骨をうずめるタイプではなかったのですね。

 なかったですね。人生短いので。エンジニアとしていろんな企業で武者修行をして、「技術力のあるエンジニアとネットワークをつくりたい」と考えていました。だからソニーを辞めるときにも迷いはありませんでした。テキサス・インスツルメンツ時代の同期が、イスラエルのベンチャースタートアップに参画したり、アメリカの通信大手の研究所で活躍したりと、好き勝手にやっていて、それに感化された面もありました。

 その後、ITを駆使した農業を手がけるスタートアップのメンバーになったり、金融機関でインターネットバンキングシステムの開発やセキュリティシステムの構築を担当したり。ソフトウエアのテスト会社で事業系ソフトのテストのコンサルテーションなども経験しています。じつはこのときの部下だった社員がFNIに転職して、代表のYokoyamaに「Ichikawaという技術者がいる」と話をしてくれたのがFNIに移るきっかけになったんです。

久々にホンモノの経営者と出会った

―実際に会ってみて、Yokoyamaさんの印象を聞かせてください。

 「久々に本物の経営者を見たな」という印象でした。ソニーを含めてさまざまな経営者を見てきて、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ったのは3人くらい。そのなかのひとりがYokoyama。目先のお金ではなく、ビジネスプランをちゃんと考えていて、「組織を大きくするには社員を育てることが大事だ」と本気で考えていることが伝わってきました。

 「大切にする」と口ではいっておきながら、エンジニアを使い捨てみたいにしているIT企業の経営者がたくさんいます。「自社開発をする」といっておきながら、何年間も具体的なビジョンを示せない経営者もいます。Yokoyamaは違う。部下に真摯に正面から向き合い、できることは「できる」といい、できないことは「なぜできないか」を説明してくれます。非常にクリアで魅力的で、「この会社は将来きっと大きくなる」と思いました。

 私は「エンジニアが部品ではなく、クリエイターとして活躍できる環境をつくりたい」と本気で考えています。そう、かつてのソニーが「技術者の理想工場をつくる」と標榜していたように。Yokoyamaのもとでなら、それを実現できると確信して、FNIに入ることを決めました。

―どうやって夢を実現していきますか。

 社内の人を育てることをきちんとやっていけばいいと思っています。FNIのエンジニアはみんなエネルギーがあって、仕事もプライベートも楽しんでいます。だから、そのエネルギーを、エンジニアとしての結果が出るようにつなげていってあげることが、私の役割。人が育てば会社も成長する。その仕組みをなるべく早くつくりあげたいですね。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

横山 学(よこやま まなぶ)プロフィール

1988年、神奈川県生まれ。2013年に23歳で起業。レジャー施設などのセールスプロモーションを手がけることで「現場のリアルな悩み」を把握。それを解決するためのIT事業を2016年に開始した。「顧客の真の課題解決につながるサービスを提供する」という理念に共感し、IT業界のレジェンドというべき大物エンジニアが続々と参画。業界に旋風を巻き起こしている。

Daisaku Noda(のだ だいさく)プロフィール

1977年、和歌山県生まれ。情報処理系の専門学校を卒業後、大手家電メーカーの子会社に入社。医療系ソフト、高速道路の電光掲示板、iモードなど、ソフト・ハード両方のプロダクト開発に携わる一方、エラーが出て炎上したプロジェクトの鎮火責任者として、さまざまな現場で指揮をふるう。2017年に株式会社FAIR NEXT INNOVATIONに入社。現在、IT事業部のスーパーバイザーとして若手エンジニアの教育に取り組んでいる。

Masashi Ichikawa(いちかわ まさし)プロフィール

東京都生まれ。東京理科大学大学院、理論物理学専攻課程を修了後、世界的な半導体開発・製造企業であるTexas Instruments Incに入社。その後、ソニー株式会社でカーナビ、プレステ、デジカメなどの開発に携わる。同社を退職後、スタートアップやIT企業においてソフト開発やテストビジネスなど、多種多様な経験を積む。2018年、株式会社FAIR NEXT INNOVATIONに入社。現在はITソリューション事業部部長を務める。

企業情報

設立 2013年1月
従業員数 58名
事業内容 業務システムおよびソフトウェアの開発・保守・運用、イベントの企画・管理・運営、フードコートの企画・管理・運営、飲食店の経営、コールセンターの運営、営業代行、広告代理事業、そのほか関連付随する事業およびそのコンサルティング
URL https://www.fair-next-innovation.co.jp/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop