活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
  • お問い合わせ
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
MEMBER INTERVIEW 主体的に行動できるエンジニアなら、当社にフィットできる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FAIR NEXT INNOVATIONで働くエンジニアは、仕事にどんなやりがいを感じているのだろうか。ここでは入社2年で執行役員に就任したHamada氏に、詳細を聞いた。

業務に活かせそうな技術を、積極的に導入提案

―入社したきっかけを教えてください。

 新卒のときに入社した会社の上司がFAIR NEXT INNOVATIONに勤めていて、声をかけてもらったんです。案件にあわせて、扱う技術を自由に選んでいいといった話を聞いて「面白そうだな」と。そこで、入社を決めました。入社後は、『Ranking Master』と『くじライブ』などの開発に携わり、現在は受託開発で施設の予約システムの開発に携わっています。

―入社2年で執行役員に就任したそうですが、どんな点が評価されたのでしょう。

 自分の話で恐縮ですが、上司からは「面倒見がよく開発メンバーから信頼されていて、会社全体における技術の底上げに貢献している」と評価されています。また、私自身、技術に関する最新のニュースを調べるのが好きで、「仕事に活かせそう」と判断したらその都度提案しています。たとえば、エラー検知ツール「Sentry(セントリー)」。これは、フロントエンドで発生したエラー情報を検知し、ログとして保管してくれるサービスですが、これを使えばエラーの追跡がしやすいため、提案して導入しました。そのほか、効率化を図れるようなツールを導入して、エンジニアがもっとコア業務に専念できるような環境づくりに取り組んでいます。そういった点も、評価されたと聞いています。

もっと世の中のためになる、システムを生み出したい

―仕事のやりがいを教えてください。

 提案した技術が、実際に業務効率化につながったときは、やりがいを感じます。また、 開発に携わった『Ranking Master』や『くじライブ』が一般ユーザーに利用され、しっかりと売上につながったときはうれしかったですね。自分自身としては、エンジニアが開発しやすい環境を整えるとともに、ユーザーが使いやすく喜んでもらえるサービスを開発することをつねに心がけています。

―今後のビジョンを聞かせてください。

 自社開発の領域を増やして、もっと世の中のためになるようなシステムを生み出していきたいですね。そうすることで、会社の規模を大きくしていければなと。そのためには、さらにエンジニアを増やして、良いプロダクトやサービスをつくっていくサイクルを回していく必要があると考えています。わからないことがあれば自分で積極的に調べたり、主体的に行動できたりするエンジニアであれば、技術力の有無に関係なく当社にフィットできると思います。興味のある人は、ぜひ応募してほしいですね。

ここでは、未経験で入社し、現在はITS事業部でインフラ統括を任されているKigoshi氏を取材。入社したきっかけや、今後の目標などを聞いた。

負担なく学べるよう、会社側が配慮してくれた

―Kigoshiさんはエンジニア未経験で入社したそうですね。

 はい。もともとアルバイトをしつつ、フリーで音楽の作曲・編曲をしていたんですが「もっと長く働ける技術を身につけたい」と、ITの会社を探していたんです。FAIR NEXT INNOVATIONは求職サイトで見つけたのですが、面接で代表のYokoyamaから「もっとエンジニアがやりがいをもって働ける環境をつくっていきたい」という話を聞き、感銘を受けて入社を決めました。

―未経験で苦労はしませんでしたか。

 もともと知らないことは全部知りたい性分なんで、あまり苦労とは思いませんでした(笑)。また、入社当初はSESで社内システムのバックアップを行う業務を担当しましたが、マニュアルがあるため、未経験の私でも業務をこなせました。その次は、SESで別会社にてECサイトの監視運用を行う業務を担当。そうして、少しずつシステムの基礎を学んでいきました。会社側が、未経験でも負担なく知識やノウハウを学べるように配慮してくれましたね。

―現在はどんな仕事をしているのですか。

 ITS事業部で、『Ranking Master』および『くじライブ』のインフラ統括として、サーバの構築および運用を「Google Cloud」で行っています。自社開発の領域が徐々に大きくなって、インフラの専任担当者が必要になり、別事業の私に声がかかったんです。そこで、「よりいろんなことが学べる機会が増える」と考え、担当することに決めたのです。わからないことがあれば、自分で調べるほか、ITS事業部の人にいろいろ教えてもらいながら業務を進めています。

やりたい領域を絞って、専門知識を深めていきたい

―FAIR NEXT INNOVATIONで働く魅力はなんでしょう。

 やはり、未経験でも意欲があれば思い切って任せてくれるところだと思います。私自身、入社して短期間でインフラエンジニアとして、自社サービスのインフラ全体を統括させてもらえていることに感謝しています。また、受託開発の案件でスクリプトの作成を任されたこともありました。そこでは仕様書の作成から、Pythonを使ったプログラムの構築を担当。初めての経験ばかりで大変でしたが、周りに支えてもらい、なんとか納期に間に合わせることができました。

―今後の目標を教えてください。

 未経験ながら、いろいろ経験させてもらうことができたので、今後は自分のやりたい領域を絞って、エンジニアとしての専門知識を深めていきたいですね。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • POCKET
  • LINEで送る

Manabu Yokoyama(よこやま まなぶ)プロフィール

1988年、神奈川県生まれ。2013年、24歳の若さで起業し、株式会社FAIR NEXT INNOVATIONを設立。レジャー施設などのセールスプロモーションを手がけていくなかで、「現場のリアルな悩み」を把握。それを解決するため、IT事業を2016年に開始する。2019年から自社システムの開発に着手し、2020年にオーディション用Web投票システム『Ranking Master』、2021年にオンラインくじ専門メディア『くじライブ』をリリース。現在では、SES、受託開発、自社開発と幅広くITサービスを提供している。

Taigen Hamada(はまだ たいげん)プロフィール

1993年、北海道生まれ。2016年に福島大学を卒業後、Web開発を手がける会社に入社し、大手企業の超巨大サイトの問題を解析するクローラーの開発などに携わる。その後、グラフィック制作会社を経て、2019年、株式会社FAIR NEXT INNOVATIONに入社。2021年9月から現職。

Akane Kigoshi(きごし あかね)プロフィール

1997年、神奈川県生まれ。2017年に音楽系の専門学校を卒業後、カフェや家電量販店にて接客のアルバイトをしつつ、フリーで音楽の作曲・編曲を手がける。2018年、株式会社FAIR NEXT INNOVATIONに入社。2020年10月から現職。

企業情報

設立 2013年1月
資本金 1,000万円
従業員数 67名
事業内容 システムおよびソフトウェアの開発・保守・運用、自社サービスの開発および受託開発、システムおよびソフトウェアの開発・保守・運用、営業代行、広告代理事業、その他関連付随する事業およびそのコンサルティング
URL https://fair-next-innovation.co.jp/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop