活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
シリコンバレーのVCからみたアジアと日本とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※下記はTech通信Vol.1(2014年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

シリコンバレーのVCからみたアジアと日本

―シリコンバレーのVCからみた日本は投資の対象としていかがですか。

 正直、判断が難しいといわざるをえませんね。多くのVCがアジアでみるのは2つの国だけです。ひとつは中国であり、もうひとつはシンガポール。中国の市場の大きさはやはり魅力ですし、シンガポールは東南アジアの中心であり、国策として投資家へのインセンティブがあります。その点、現在の日本企業を見ると新しい企業がなかなか生まれてこないうえに、大企業にも元気がないと映ってしまいます。
 ただ私は、日本で奨学金を受けて東京工業大学などで勉強をしましたし、日本を応援したい気持ちがあります。だからこそアジア進出の際には日本を中心に考えたのです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

アニス・ウッザマン(Anis Uzzaman)プロフィール

日本の文部科学省から奨学金を受け、東京工業大学を卒業後、米国の大学にて修士号、首都大学東京にて博士号を取得。IBMなどでのマネジメントを経て、Fenox Venture CapitalのCEOに就任。世界のインターネット、モバイル、ソーシャル、クラウドおよび最新技術分野の優れた企業への投資を行う一方で、日本の起業家を支援している。

企業情報

設立 2011年5月
従業員数 52名
事業内容 北米およびアジアのスタートアップへの投資・支援
URL http://fenoxvc.com/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop