活躍しているエンジニアの職場を取材!エンジニアのキャリアアップ情報サイト
  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS
活躍しているエンジニアの職場を取材!
エンジニアのキャリアアップ情報サイト
INTERVIEWインタビュー
Zendeskのシリコンバレーを選んだ理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※下記はTech通信Vol.1(2014年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―ターニングポイントはなんだったのでしょう。

 2008年にシリコンバレーに拠点を移し、ベンチャーキャピタルからの資金調達に成功したことですね。やはりデンマークは人口100万人しかない小国なので、どうしても市場が小さい。事業を大きく成長させるためには、グローバルマーケットにうって出ていく必要がありました。そこで事業が伸びてきたタイミングで、思い切ってコペンハーゲンからシリコンバレーに本社を移したんです。

―どうしてシリコンバレーを選んだのですか。

 それには数え切れないくらい、たくさんの理由があります。まず気候がよい。それから伝統的にすばらしいベンチャー企業が育ってきた風土がある。さらに高い専門性を持った人材、企業の成長を加速させる支援者がたくさんいる。事業提携のパートナー、新しいサービスを積極的に導入するユーザーもいる。
 そもそもシリコンバレーは、アメリカでゴールドラッシュが起きたところ。その開拓精神、挑戦精神が脈々と受け継がれているエリアです。トライアンドエラーを繰り返しながら、ものごとを成功させる風土があるのが大きかったですね。

外国企業がシリコンバレーで大型の資金調達に成功した理由

―本社を移すにあたって、シリコンバレーにサポート体制はあったのですか。

 いいえ。そのため、資金調達を受けられる見込みはまずなかった。さらに、当時はまだシリコンバレーのベンチャーキャピタルは、外国企業に投資する機会も少ない状況。それでも自分たちのサービスの可能性を本気で信じていたからこそ、移転を決断したのです。

―逆境のなか、どうやって資金調達に成功したのでしょう。

 一番の理由は、私たちの事業が加速度的に成長していたからだと思います。また、シリコンバレーに『Zendesk』を利用している企業もあり、私たちのサービスのよさをベンチャーキャピタルの方たちが伝え聞く機会も多かったのだと思いますね。
 そしてベンチャーキャピタルを訪問した際には、カスタマーサポートの業界は古いこと、さらに、私たちなら新しいやり方でカスタマーサポートを変えられることを熱弁しました。結果、私たちのことを信じてくれるベンチャーキャピタルがあらわれ、投資を決断してくれたのです。投資が決まった後は知名度が向上し、グローバルでの事業展開も一気に進みました。

―改めてグローバル市場で成長できた理由を教えてください。

 理由は3つあります。
 1つ目は、よい経営チームを持ったこと。優秀な人材はどこからも引っ張りだこです。優秀な方たちに「この会社に参画したい」と思わせなければいけません。
 2つ目は、業務改善を繰り返し、最適な業務プロセスを構築してきたことです。よい業務プロセスは事業拡大の助けになります。
 最後に、いつでもスタートアップのメンタリティを持っていることです。

―今後のビジョンを聞かせてください。

 私たちのミッションは、クライアントとクライアントのお客さまがすばらしい関係を築くこと。そして『Zendesk』を利用しなければ、それが実現できないとクライアントに感じていただけるサービスを心がけていきます。

若いうちに旅をせよその経験から学べ

―最後に、起業したいと考えている若者にメッセージをお願いします。

 4つのメッセージがあります。1つ目は、旅せよ、ということ。私には4人の子どもがいるのですが、いつも「若いうちに世界を旅しなさい」と伝えています。世界各国のカルチャー、言語、人々から刺激を受け、学びなさいと。そして自分独自のものをつくり上げなさいと話しています。
 2つ目は、グローバルで考えることです。グローバルの視点でものごとを考えることは、事業をスケールさせる助けになります。
 3つ目は、失敗し、失敗を受け入れることです。新しいことにチャレンジするとき、当然失敗する可能性のほうが高いわけです。失敗を恐れてはいけません。失敗を受け入れ、前に進むことが大事です。
 最後に、矛盾を乗り越えながら、経営の舵を取れということです。起業家は、自らの事業、マーケットの可能性を信じなければいけない。しかし、一方で、目の前の現実を見すえ、クールにもならないといけない。このバランスが難しい。また、経営をしていくなかでは矛盾がたくさん生じてくる。この矛盾を乗り越えながら、事業を前に進めていかなければならない。そのプロセスこそが、自分の会社をつくりあげていくのです。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく
  • Google+でシェアする
  • POCKET
  • LINEで送る

ミッケル・スヴェーン(Mikkel Svane)プロフィール

1971年、デンマーク・コペンハーゲン生まれ。Université Paris-Sorbonne (ParisIV)、Århus Købmandsskoleを卒業。CAPUTの創業、ITコンサルタントを経て、2007年にZendesk(ゼンデスク)を創業し、CEO&Founderに就任。

企業情報

設立 2007年10月
総資金調達額 8,550万ドル
従業員数 約700名
事業内容 カスタマーサポートのヘルプデスクサービスの提供
URL https://zendesk.co.jp/

こんな記事も読まれています

記事を全て見る

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

Tech通信

Tech通信

Tech通信は活躍しているエンジニアの職場を取材紹介する、エンジニアのキャリアアップ情報誌です。

定価:1,066円(税込)

Tech通信をフォローして最新情報をチェック

  • Twitter
  • RSS
pagetop